樹木とは そもさん...

私達(社会)へ「潤い」(うるおい)を与えるよき伴侶!

樹木を通じて、またなりあいとして生きる者(私共)としては、大切な気持ちというか思いというか、「樹木を植えましょうなぜならば樹木とは、こんなにも良いものですよ」ということが言えずに、何ををもって樹木を植えましょう、剪定しましょうと勧められましょうか・・・

ですから樹木とは?の問い立てに、もうちょっと深く答える必要があるでしょう・・・


樹木とは?の問いに、植物という答えはだれもが答える答えでしょう。
また、陸性植物とか、草本類に対いて木本類であるとか、
「多年生植物のうち、地上部分が1年以上生存し続けるものの」とか、

立木とか、樹木学では定義として「茎及び根が二次肥大成長
を行って多量の木部を形成し、その細胞壁の多くが木化して
堅固になる植物」としている。
また、炭素という物質と水からなるとか・・・・・

これらの解釈はさて置き・・・・(さて置くな!とつっこまれそうですが・・・)

樹木愛」という言葉があります。
(上原敬二)その一文を記しますと・・・

「あらゆる草木はそれの花や、葉や、幹や、枝などの姿態を
習性とでもっていみじくもわれわれに囁きかける、
私達は異性に対すると同じようにその中から心のあった
相手を見つけ出して折ふしのまたは生涯を通じての変らぬ
仲善をこしらえることが出来ようといふものだ。」(薄田泣菫)

人生に樹木愛といふことの存すればこそ、
この世に潤ひといふ気分を生ずるのである、
詩人であり、哲人であることののみが樹木愛に縁の深いものではない、
我が国民性のうちには
本能ともいふべき樹木愛の精神が充満している。
この感情を更に育成して進めることは
自然教育の上から見ても
大切なことである。(上原敬二)

それでは樹木からの「潤い」とは?
・・・なんでしょう・・・
一口に言ってしまえば、恵み、天恵でしょう・・・

これもまた問いてみれば、社会への樹木からの天恵、恵みとは?・・・

  • 癒し
  • ゆとり
  • 精神的象徴
  • 景観美
  • 機能美(空間、目隠しなど)
  • 酸素の供給
  • 二酸化炭素の吸収
  • 汚染物質の吸収
  • 水の蓄え
  • 緑陰
  • 湿度調整
  • 木材供給(建設~燃料、薪、炭、灰等)
  • 家紋
  • 塗料
  • 食文化、果実
  • ひも、布

等々あげればきりがなくなります......

そしてよく観るとそのひとつひとつが関係をもっていて、
すべては繋がっています。

樹木からの潤いをたどると・・・
樹木のないところに人生なし
・・・(上原敬二)の至言の一語につきるでしょう。

樹木とは...

  • 私達に潤いを与えてくれるよき伴侶です。

樹木を植えましょう!......

  • 樹木に関するご相談、ご用命はお問い合わせよりご連絡ください。