樹木医方法と選択

あなたはまだ伐採を選びますか?

伐採ばかりが術ではありません、様々な樹木の管理術をご存じですか?
人と樹木の折り合いとは? 人も樹木も守る管理術とは?


落合楼村上 樹林帯管理術のご紹介です。

人も樹木も守る管理術とは?


※簡単な説明付 字幕設定on 高画質でお楽しみ下さい。


樹芸 Arborlculture 


以下ビデオの補足説明です。

SH3G0163-1_1.jpg

まずは樹木調査から・・

樹木1本ごとの樹勢調査が必要です。
危検度を3段階程度として図面上にプロット。

その処方箋を1本ごとに検討して処置していきます。
現実的に考えることが必要です。優先度、できるところから・・

頭の中では樹上100mでも簡単に登れ、腐った枝でも渡れ、通過できない鍵穴も通え、200kの幹も簡単に持てますが・・
また、伐採ありきでは法外な金額がでたりします・・

ではどういった処方があるでしょうか?


樹木管理の術

処方として・・
伐採ありきではなく危険度のランクを下げる工夫(アイデア)

その方法としては・・
樹木短縮法や樹木サポート
特殊剪定(安全なロープワークによる)
枯枝撤去
樹勢回復 
支柱  などなど

PC173312-1.jpg


SH3G0809-1.jpg

樹木短縮法

この方法は、伝統的でありその手法を上手に使えば、樹木と長い友達でいられることでしょう。(人との折り合いがつく)
写真はその極み(意図したものではないと思われるが・・)というべき樹姿ですが、ただ短くすればいい(所謂ぶつ切り)、ということではありません。
下枝を活かす、樹勢を知るなどその樹木の個性を知り、樹木を活かす術、剪定技術などが必要です。




あなたはまだ伐採を選択しますか?

写真:落合楼村上 本館前庭